にっこり歯

新しい歯医者の技術

これらの技術を生かし、歯医者では新しいインプラント矯正という技術が生まれています。
専用に開発されたインプラントをあごの骨に埋め込んで、それを支点にして移動させた歯を引っ張ります。この方法でより短い期間で効率よく歯を動かすことが可能になりました。従来の方法では2~3年ほどかかっていたものが、こちらは約半年と短い期間で終了する事ができます。

通常のインプラントは人口の歯根をあごの骨に深く埋め込み、天然の歯と同じように使いますが、こちらは治療期間だけの期間限定で、浅い場所に取り付けます。手術時間も短く、料金も通常のインプラントよりも安価ですむようです。

歯並びが悪いということ
歯並びが悪いことによって、日常生活が不便になってしまうことがあります。例えば、舌の動きの邪魔になり滑舌が悪くなる、磨きづらい箇所が虫歯になったり歯周病になりやすい、咬み合わせが悪いため食事がしにくい、歯ぎしりをしてしまう、会話をするときの口元の印象が悪いなどです。

歯並びがよくなるだけで、生活の質が向上するだけでなく、見た目の印象もがらりと変わります。歯医者ではいくつかの歯列矯正の方法が提案されます。

歯列矯正の方法
歯列矯正にはいくつかの種類があります。最も一般的なものは、歯の表面にワイヤー装置を使用した方法です。子どもから大人まで治療を受けることができます。歯に装置がついているのが見えてしまうのが嫌な人は、歯の裏側に装置をつける舌側矯正や、マウスピース矯正といった方法があります。

また、極端に歯並びが悪い人は、外科手術によって口内のバランスを改善するという方法があります。さまざまな手段がある中、最近注目されているのが、インプラント矯正です。

インプラントとは
歯列のインプラント矯正は、特殊なインプラントを歯茎に埋め込み歯を固定をします。その歯を固定源として、他の歯を動かすという方法です。従来のワイヤーなどの装置で固定するだけの方法よりも短期間で歯列矯正を行うことが可能です。

また、ワイヤーを使用しないため目立たない、矯正するための手術や抜歯も少なくすむ、などの利点があります。治療中も普通に日常生活が送れます。完了すると、インプラントは除去され、その跡も目立ちません。

笑った口の歯

歯医者の治療科目

歯医者の治療科目には、一般歯科の他に、小児歯科や審美歯科、その他にインプラント治療や歯列矯正などがあります。一般歯科や小児歯科はほとんどの歯医者で既に行っており、審美歯科も行おうとすれば比較的容易に取り入れることができるのです。

そこで、差別化をするのであれば、インプラント治療と矯正歯科を取り入れることになるのです。これらの治療技術を習得するためには勉強会を行いながら、実際の実技を体得して行く必要があります。

歯医者の信頼とは
歯医者の信頼とは、やはり治療技術が優れていることから得られるものです。歯列矯正やインプラント治療は優れた技術が無いと、その治療を求めている患者の来院は見込めません。これらの治療には多額の治療費用がかかることもあって、患者からすると、絶対に失敗はしたくないものです。

ですから、このような需要を見込んで信頼のできる歯医者を探すためのサイトが増えているのです。そして、インターネットを使えば比較的簡単に優良な歯医者を見つけることができます。

インプラントとは
インプラントとは、歯を歯ぐきの中の歯根から失った場合に人工的に歯根を作り上げる治療法です。しっかりとした歯根があることで、入れ歯のように硬いものがうまく噛めないといったことがないのが特徴です。
インプラントは治療の際に、他の歯を削ったり金具をつけたりしなくてもいいので、歯の負担も少なくてすみます。

材料はチタンやチタン合金でできています。これらは体内に入っても異物とみなされず、骨と結合しやすい性質がありますので、医療の現場では広く使用されています。金属アレルギーの方でも問題がありません。

矯正とは
歯列矯正とは噛み合わせの悪い歯を、自分の歯を生かしたまま治療する事です。歯に矯正装置をいれて、歯に一定の力をかけて歯を動かしていきます。一般的には、歯科に一ヶ月に一度程度の頻度で通い、少しずつ動かしていきます。歯は大人よりも子供の矯正のほうが動きやすく、期間も短くてすむようですが、大人のほうが歯の成長が終了している為、移動計画が立てやすいメリットもあるようです。

歯並びが整うだけでなく、噛みあわせがよくなる事で、顔の歪みが改善され頭痛や肩こりなどにも影響があるといいます。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930